バッドなコウモリもシロアリも専門業者に依頼すればスッキリ退治

Pesticides

アリの駆除方法

アリ駆除の注意点

killing insect

暖かい時期になると何処からともなくやってくる存在の「アリ」 大きさもとても小さく、ほんの少しの隙間があるだけでもそこから侵入してきます。 一匹二匹ならまだしも、大量のアリが家の中に入って来たとなると、想像しただけでゾッとします。 アリ駆除と一概に言っても様々な種類、方法がありますが、今回はそのようにアリに侵入された時、アリ駆除を行う際の注意点を紹介したいと思います。 まず、家内に侵入してきたアリを駆除する場合に注意しないといけないのが、無闇にアリを潰してはいけない事です。 アリは蟻酸という液体を持っていて、その蟻酸を頼りに仲間の位置を把握する事があります。 なので、アリ駆除をする際に潰してしまうと体内から蟻酸が大量に溢れてしまい、その結果今以上のアリが侵入してきてしまう事がある為に注意が必要なのです。

注意点その2

次に薬剤を使用する場合の注意点です。 薬剤を使用してアリを駆除する場合、対象のアリの食性や薬剤の性質が重要です。 例えば、一般的なスプレータイプの殺虫剤の場合だと、薬剤を直接かけたアリは駆除できますが、薬剤に直接は触れていないアリは駆除できません。ただし、薬剤が散布された所にはしばらくの間、アリは寄ってこないという効果もあります。 次に、行動範囲に設置し、アリ駆除するタイプの薬剤についての注意点です。 設置するタイプの薬剤は、毒も遅効性でアリに運ばれることを前提とされている為、アリの食性や種類によっては運ばれないことも多々あるので、駆除対象のアリの種類が分からないと無駄になってしまうことがあります。 アリが現れたからといって無闇に薬品を設置するのではなく、まずはアリの種類や食性についてある程度理解することも重要なのです。