バッドなコウモリもシロアリも専門業者に依頼すればスッキリ退治

Pesticides

コウモリ被害と駆除

コウモリ駆除の依頼

killing insect

コウモリは、わずか1センチほどの隙間から家に侵入して住み着きますし、住み着いてからは糞尿による匂いの被害や騒音被害などをもたらします。さらに、コウモリの体にはノミやダニが寄生している場合が多く、それらが繁殖して二次被害が出ることもあります。 こういった被害を防ぐためには、住み着いたコウモリを駆除するために、専門業者の手を借りる必要があります。コウモリ駆除は、専門業者に住宅を実際にチェックしてもらい、駆除の必要性があると判断された場合におこなわれます。業者はチェック後に、被害状況から考慮して立てた具体的なコウモリ駆除プランと、その料金とを提示してくれます。そして依頼主は、それらに納得できた場合に、正式にコウモリ駆除を依頼するための契約書にサインをすることになります。

コウモリと鳥獣保護法

コウモリは、様々な被害を住宅やそこに住む人にもたらしますが、同時に自然界において大事な働きもしています。具体的には、ゴキブリや蛾などの害虫をエサとすることで、それらから人々の生活を守ってくれているのです。 そのためコウモリは、人の手によってむやみに駆除されて数が減ってしまうことがないように、法律で守られています。鳥獣保護法という法律なのですが、これにより、許可を得た人でなければ捕獲して処分することができないようになっているのです。 したがって、コウモリ駆除は個人の判断で勝手におこなうわけにはいきません。専門業者に依頼し、現場を見てもらった上で、鳥獣保護法に基づいた適切な方法で駆除してもらうことが大事なのです。